神戸神奈川アイクリニック評判を暴露!【※実際の口コミ】
*

レーシック不適応となる場合<なぜ受けられないのか?>

レーシック不適応となるパターン

女性スタッフ

メガネやコンタクトレンズの煩わしさから開放してくれるレーシック手術。

今では一般的になったレーシックですが、残念ながら不適応となり手術が出来ない人もいらっしゃいます。

不適応となるパターンはいろいろあり、中には違う術式での矯正が可能になる場合もありますので、知識をしっかりと吸収しておきましょう。

パターン別に分けると下の4つが考えられます。

①現在わずらっている疾患が原因となる場合
②角膜の厚さが足りない場合
③職業的な部分で不適応となる場合
④体質や年齢による場合

 

この中で、職業によるものは視力矯正という観点からはちょっと外れますね。

パイロットの場合は、矯正手術による視力の向上は認められていませんから、このパターンに含まれます。

眼鏡やコンタクトレンズは認められており、ちょっと不思議な気もしますが、法律によって定められていますから仕方ありませんね。
 

不適応を詳しく見てみると

病気によってレーシックが不適応とされるものは幾つかありますが、代表的なものを挙げると。

白内障・緑内障・円錐角膜・網膜はく離などの疾患があります。

この中で白内障は現在レンズに置き換える治療が主流になっており、治療が済んでいればレーシックが受けられるケースもありますから、一度クリニックに確認してみましょう。

円錐角膜とは角膜が綺麗な球体ではなくいびつな形になるものですが、これはコンタクトレンズの長期装用が原因になることもあります。

この場合レーシックとは違った矯正手術もありますので、そちらを検討するといいですね。

他には、角膜の厚さが不足することで不適応となる場合もあるのですが、これは現在技術の発達によってとても少なくなっています。

もしご自分が当てはまりそうで不安な場合は、クリニックの無料適応検査を利用して確認しておきましょう。
 

神戸神奈川アイクリニックに相談

神戸神奈川アイクリニック

あるクリニックでレーシック不適応とされた場合も、他のクリニックで相談するとレーシックを受けられる場合もあります。

特に神戸神奈川アイクリニックでは細かく相談にのってくれます。

もちろん安全性確保のため、最高位の施術などを受ける必要があるのでそれなりに費用はかかります

ですが、レーシックを受けられないと諦めていた方も、一度神戸神奈川アイクリニックに相談してみるのはありだと思います。
 


レーシック不適応となる場合<なぜ受けられないのか?>関連ページ

レーシック手術の感染症※リスクと症状
レーシックに興味を持たれている方は少なくはありません。 実際に身の回りでも、レーシックの手術を受けて視力が回復 […]
レーシックの欠点とリスクは?
レーシック手術というのは、一度切除した角膜をレーザー照射後にフラップを戻す作業を行い、自然治癒を待つわけですか […]
10年後にレーシックの後遺症が出るリスクはある?
レーシックの歴史は長くない レーシックの術後、例えば数十年後にどんな状態になるのか、レーシックを受けようと考え […]
レーシック手術は痛みがスゴイって本当?
レーザー手術と痛み レーザーで目を手術するなんて、とても痛そうに感じますね。 ちょっとしたゴミが入っただけでも […]